痔瘻 じろう

肛門周囲膿瘍 直腸周囲膿瘍

身近な病気の知識
Home消化器の病気>痔瘻(じろう)


★ 痔瘻(じろう)

 どんな病気か
 直腸・肛門周囲膿瘍で、うみが出たあと、瘻孔(くだ)がいつまでもふさがらないものを痔瘻と言う。

@ なおりにくい病気 痔瘻は結核と関係が深くなおりにくい。痔瘻の半数以上は、結核性といわれているが、結核性でない場合でも、自然になおることは少ない。

A 肺結核患者には自覚症状なし
 長期間肺結核で療養している患者には、直腸・肛門周囲膿瘍にみられるような局部が赤くはれて痛むような急性の症状がない。まったく無痛で、いつの間にか痔瘻になっているものが多い。

B 種類
 瘻孔の出口のある場所により、いろいろな種類がある。

 症状を経過
@ 症状の特徴
 痔瘻の多くは長いあいだ少しずつうみを出し続け、一時的にふさがったように見えても、なかのほうがなおりきらず、やがてまたうみが出はじめるという状態が繰り返される。さらには、しだいに瘻孔の数が増えることも多い。

A 外痔瘻
 瘻孔の出口(小さい穴)が肛門の外の皮膚にあるもの。

 瘻孔の出口から毎日少しずつうみが出る。
 痛みはほとんどない。
 付近の皮膚がただれることもある。
 下着を汚し、不快感があるので気づくことが多い。

B 内痔瘻
 瘻孔の出口が直腸内にあるもの。
スポンサードリンク

 外からは分からないが、大便にうみが付着して気づくことがある。

 診断と治療
@ 外科医の早期診断を
 外痔瘻の場合は、下着を汚すので、しろうとでも診断ができる。しかし、詳しくは、外科医の診察を受けること。

 放置しておいてなおることはない。
 診断の時期が遅れるほど、瘻孔の数も増え、複雑になって治療が厄介になる。

A 手術が必要
 瘻孔を、まわりのおかされた組織とともに、取り去る以外にない。
 手術には、1〜2週間入院した方がよく、よほどの痔瘻でない限り簡単にすみ、危険ではない。

 およそ1ヶ月で完全になおる。
 手術が完全に行われれば、再発はほとんどない。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved