直腸炎 直腸

痔核 いぼ痔

身近な病気の知識
Home消化器の病気>直腸炎


★ 直腸炎

 どんな病気か
 いろいろの原因でおこる直腸の炎症で、痔核(いぼ痔)にともなっておこるものがもっとも多い。その他の原因としては、次のようなものがある。

 直腸の外傷、異物、浣腸で誤って熱湯や腐食剤を注入した場合。
 子宮がんの治療のためのラジウム照射によるもの。
 大腸炎の部分症状として起こるもの。
 脱肛、直腸周囲炎、直腸の腫瘍などにともなっておこるもの。
 性病や結核によるもの。

 症状
@ 急性の直腸炎
 痛み、灼熱感(焼けつくような感じ)、大便が出たいような感じなどがあり、また少量の血液や粘膜が出る場合もある。

 肛門に近いところの炎症ほど、痛みが強い。

A 慢性のもの
 およそ同じような症状であるが、多少軽い。

B 性病によるもの
 淋病・第四性病・梅毒などが原因となり、ほとんど女性に限られている。これは膣の分泌物から、直接肛門を経て直腸に感染がおよんでいくためである。
スポンサードリンク

 淋菌によるもの
 直腸に多数の潰瘍ができ、しだいに直腸の壁が厚くなり、のちには直腸が狭くなる。直腸がんのときのように、大便が細くなり、また出にくくなる。肛門付近や外陰部の皮膚が厚くなって、象皮病の状態になることもある。重症の場合、直腸だけでなく、結腸まで病気が広がる。
 
 梅毒によるもの
 肛門付近の皮膚や肛門内に、硬性下疳、扁平コンジローマができ、ときには直腸の潰瘍ができたり、直腸が狭くなることもある。

C 結核によるもの
 直腸の下部や肛門に潰瘍ができる。肛門周囲膿瘍や痔ろうの半分以上は結核性と考えられる。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved