むねやけ ゲップ

吐血 下血

身近な病気の知識
Home消化器の病気>むねやけ・ゲップ・出血


★ むねやけ・ゲップ・出血

 むねやけ
@ 胸骨の下部や心臓のへんが、熱い焼けつくような感じになる。

A 食道炎にもっともよくみられるが、胃炎・胃・十二指腸潰瘍、また胃がんでも起きることがある。

B 胸やけと胃の酸度とは関係がなく、酸が多い場合にも、逆に無酸の場合にも起きる。

 ゲップ
@ ふつうのゲップ
 多くは飲みこんだ空気をゲップとして排出しているので心配はない。神経質な人に多い。

A 臭いゲップ
 胃がんや胃潰瘍で幽門狭窄(胃の出口が狭くなる)が起こると、食物が長く胃の中にたまり腐敗、発酵し、ガスを発生するので臭いゲップを出す。

 出血
 口から吐いたときを吐血、肛門から便と混じって出た場合を下血という。
 
 吐血
@ 色
 吐血の血液は多くは胃酸のために変色し、褐色か黒色となるが、大量出血をした時は鮮紅色である。

A 原因
 胃、十二指腸潰瘍による場合がもっとも多いが、胃がん、胃炎でも起きる。食道静脈瘤の破裂も大出血をおこす。
スポンサードリンク

 下血
@ 便の状態
 消化管の上部から出血した場合には黒色のコールタール様便となるが、直腸や肛門周辺からの出血は、赤色の血液が便に混じって出る。

A コールタール様便の出る場合
 胃、十二指腸潰瘍か胃がんが疑われる。しかし、ある種の薬を飲むと便が黒色となる。

B 血液とともに粘液やうみがまじっている場合
 急性大腸炎・潰瘍性大腸炎・直腸がん・赤痢が考えられる。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved