胃腸の病気 腸閉塞

腸捻転 イレウス

身近な病気の知識
Home消化器の病気>腸閉塞=イレウス・腸捻転


★ 腸閉塞=イレウス・腸捻転

 どんな病気か
@ 腸の内容物がなにかの原因によって上から下へ送れない状態、つまり腸のどこかで交通がストップしてしまう病気である。腸不通症、またはイレウスとも呼ばれている。

A 一般に腸捻転といっているが、これは腸閉塞のうちの一つの型で全体をいい表わす言葉ではない。

 腸閉塞の起こり方
@ 腸がねじれたときを腸捻転といい、おもに長くなった大腸に起こる。

A ひも状のもので腸が締め付けられた場合で、腹膜炎の癒着によることが多い。

B ヘルニアがあって陰嚢などの中へはまり込んだ腸が入り口で締め付けられたとき(かんとんヘルニア)。

C 腸が折れ曲がって腸の内容物の通過が止められたとき、腸壁が他の腸や腹膜などに癒着したときに起きる。

D 腸管の中へ腸がはまり込んで重なったとき(腸重積症)。

E 異物が腸の内部に詰まったとき。胆石、回虫、糞石などが原因となる。

F 腸のまわりにある腫瘍や膿瘍などによって、腸が押さえつけられた場合。

G 腸壁にがん、結核、梅毒などの変化が起こった場合。

H 腸の運動が止まって内容物がたまり腸閉塞となる場合がる(麻痺性イレウス)。
スポンサードリンク

 症状
@ おもな症状
 激しい腹痛が起こり、同時に内容物や胆汁を吐き(初期嘔吐)、しばしばショックにおちいることもある。病気が進むと大便のようなにおいをもったものを吐くようになる(吐糞症)。このころになると脱水状態となり、小便は少なくなり、目がくぼみ、鼻がとがって見える。脈も細くなり、手足が冷たくなる。

A 腹部の状態
 腹痛のほか、腸がさく状にかたくなり、ガスが腹中にたまって腹がふくれ、腸の動きが外から見えることもある。金属製の腹鳴が患者自身にも聞こえることがある。

 腹痛と腹鳴はあいだをおいて繰り返し、末期には腸が動かなくなり、かえって痛みも楽になるが、この状態になると危険である。

B 症状の起こり方
 腸の内腔が、異物でふさがったときとか、腸壁にがんや結核などの変化がおきたときには、症状はわりあいにゆっくり起きるが、腸捻転、腸重積、ヘルニアなどのときは症状が急に起こり、重症になることが多い。

 医師に相談すべき時期
@ 腹部の激痛や嘔吐を繰り返すような症状が出たら、一刻も早く医師に相談すべきである。

A 腸捻転の疑いがあったら、まず外科病院を訪れる方が賢明である。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved