胃腸の病気 腸炎

下痢 腹痛

身近な病気の知識
Home消化器の病気>急性腸炎


★ 急性腸炎

 どんな病気か
@ 腸の粘膜に急激に炎症の起きる病気である。

A 下痢腹痛がおもな症状である。

B ふつう3〜10日間でよくなるが、ときには、生命が危険になることもある。

C 食物の中毒でおこる場合がもっとも多い。

 原因
@ 飲食物の不摂生
 暴飲暴食、不消化性の食物、腐った肉、悪質の飲料水をとったあとに起きる。また、食中毒性の有毒物質による場合もある。

A 細菌
 プロテウス菌、ゲルトネル菌、大腸菌、赤痢菌、コレラ菌、パラチフス菌などによっても起こる。

B その他
 かぜを引いたとき、腹部を冷やしたときなどにも起こる。
スポンサードリンク

 症状
@ 腹痛とはげしい下痢
 下腹部、臍部あたりが重苦しく張ったような感じ、鈍痛と下痢が起こる。

 下痢は1日2〜3回から多いときは10回以上になり、便はかゆ状が水様で、下痢のたびに腹痛がおきる。

 激しい下痢のため水分が身体に足りなくなって急にやせてくる。
 
A おかされる場所で症状が異なる

 小腸だけに炎症がおきた場合は便の粘液は少ない。

 胃カタルを合併すると食欲不振、吐きけ、嘔吐をおこしやすい。

 大腸もおかされると、便に粘液が多量にまじってくる。

 大腸の下のほうがおかされると、トイレから出るとすぐに行きたくなり肛門付近が絞められたような感じ、いわゆるしぶり腹になる。

B 高熱がでることもある
 熱はあまり高くならないのがふつうであるが、ときには高熱を発することもある。

 治療
@ 食事療法
 食事療法が一番である

 第一日は絶食し、のどが渇いたらお茶や湯を少し飲ませる。
 第二日になり中毒症状が減少したら、おも湯、スープ、卵の黄身などを与える。牛乳や炭酸飲料は与えないこと。
 その後は、症状により漸次、かゆ、よく煮た野菜、魚料理、卵に移行する。

A 理学的療法
 腹部に温罨法を行なう。カイロで腹部を暖めることも有効である。
スポンサードリンク





こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved