消化器の病気 小腸

大腸 十二指腸

身近な病気の知識
Home消化器の病気>消化器の病気の特徴ー小腸・大腸


★ 消化器の病気の特徴ー小腸・大腸

 小腸
 構造
 小腸は胃の幽門に続いて始まり腹腔内を迂回しながら走り、右下腹部で盲腸に移行する。長さは6〜7bに達する。また、十二指腸、空腸、回腸の3部に分かれ、食物を運搬するとともに、その間に食物を完全に消化吸収する。

@ 十二指腸
 胃の幽門から逆「コ」の字形に湾曲し、空腸でつながる約25〜30aの部分で、ここには胆嚢と膵臓から細い管が開口し、消化に重要な胆汁、膵液が送り出されている。

 胆汁は脂肪を乳化して消化しやすくし、膵液は糖質、たんぱく質、脂肪を消化する酵素を含む消化液である。

A 空腸と回腸
 空腸・回腸の粘膜には多数の輪状のひだがあり、しかも無数の小突起が密生し、小腸の吸収面積を非常に広くしている。

 絨毛内には毛細血管やリンパ管が網の目のようになっていて、吸収された栄養分は直ちにとりこまれる。

 絨毛のあいだには無数の腸腺が開口し、多数の消化酵素を含んだ腸液を出す。

 運動
 小腸の運動は3種あり、振子運動と分節運動は内容物をかき混ぜ、腸壁とよく接触させて吸収をはやめ、蠕動運動は内容物を運搬する役目をする。
スポンサードリンク

 大腸
@ 大腸の構造
 盲腸(先端に虫垂がつく)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S字結腸、直腸からなり、約1.5bある。直腸の下方が肛門である。

A 大腸の粘膜
 絨毛はなく、腸腺も粘液を分泌するのみで、消化酵素はほとんど含まれていない。

B 大腸の運動
 蠕動運動と分節運動があるが、一般に緩慢である。

C 大腸の吸収
 主として水分の吸収が行われ、糞便が形づくられる。

D その他
 大腸内には正常でも大腸菌やその他多くの細菌が存在し、小腸で消化吸収されなかったものを分解するが、またビタミン類をつくる働きもする。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved