胃腸の病気 慢性胃炎

胃 急性胃炎

身近な病気の知識
Home消化器の病気>慢性胃炎


★ 慢性胃炎

 原因
@ 食事に関する不摂生
 もっとも重要な原因である。たとえば飯の早食い、よく噛まないで食べる(歯の悪いことも影響)、熱過ぎたり冷たすぎたりする飲食物をとる習慣、食事時間の不規則などがあげられる。

 酒、たばこの飲み過ぎる人、強い香辛料を好む人にも起こりやすい。

A 薬物
 サルファ剤、鉛、ヒ素剤、パスなどの抗生物質によることもある。

B 急性胃炎からの移行
 急性胃炎を繰り返し起こしていると慢性胃炎になりやすい。

 症状
 症状が急性胃炎の場合ほど激しくないために、不摂生を繰り返して長引くことが多い。

@ いつからともなく症状を感じはじめ食後みぞおちの辺にもたれるような不快感を感じたり、ふだんでも胃の存在感を感じたりする。

A 痛みは鈍い鈍痛のことが多く、胸やけ、ゲップ、むかつきを覚える。

B 食欲はあまり進まず、舌は白いコケで覆われ口臭がする。

C 酒をよく飲む人では、朝歯を磨くときに吐き気がしたり、起きぬけに水様性のものを吐くことがある。
スポンサードリンク

D ときに吐血(血液は褐色とか黒色に変化して出てくることが多い)を起こすこともある。

E 胃液の酸度の低い人や無酸の人では下痢を起こしやすい。

 診断
@ 検便
 便の中の微量の出血(潜血という)を調べる。

A 胃液検査
 口からゴム管を飲ませ胃液を取って直接調べる方法と、ある薬を飲ませて、一定時間後の尿を取って間接的に調べる方法とがある。

 慢性胃炎の場合は、多くは低酸か無酸であるが、過酸の場合もある。

B X線検査
 空腹時(多くは朝)に、バリウムを飲んで検査する。

C 内視鏡検査
 胃鏡(ファイバースコープ)や胃カメラを胃の中に挿入して、粘膜の状態を直接見たり写真に撮って診断する。

D その他の検査
 胃がんと区別するために胃液の中のがん細胞を見つける細胞診、疑わしい粘膜の一部をとって顕微鏡で調べるなどの検査方法もある。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved