心臓の病気 心筋炎

リウマチ 肺炎

身近な病気の知識
Home心臓・血管の病気>心筋炎、梅毒性心臓大動脈疾患


★ 心筋炎、梅毒性心臓大動脈疾患

 
★ 心筋炎

 原因・症状
@ 原因
 リウマチ熱ジフテリア肺炎などの急性感染症によるものが多いが、原因不明の、かぜのような症状で起こってくるものもある。

A 症状
 原因となった病気の症状として、発熱その他の全身症状が目立つが、ほかに脈拍がはやく弱くなったり、不正になる心臓の症状もあらわれる。重症では、急性の心不全、不整脈を起こし生命にかかわることもある。

 治療
 安静にして、原因となる病気と心不全の治療を行なう。リウマチ熱・ジフテリアなどでは、適切な治療、看護をすることが、心筋炎の予防となる。

 ★ 梅毒性心臓大動脈疾患

 どんな病気か
 梅毒性心臓大動脈疾患としては、大動脈弁膜症大動脈炎大動脈瘤などがあげられる。これはいずれも主として梅毒が原因とされているが、高血圧・動脈硬化・心内膜炎なども原因となりうるもので、まず、血液梅毒反応を確かめなければならない。

 症状・治療
@ 大動脈弁膜症
 大動脈弁閉鎖不全症と大動脈弁狭窄症とがあり。症状・治療は他の弁膜症に準ずる。
スポンサードリンク

A 大動脈炎
 大動脈弁膜症に合併することが多く、X線による大動脈の腫大は主要な所見である。弁膜症の治療からまず行なう。

B 大動脈瘤
 大動脈の一部がふくれた状態になるもの。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved