心臓・血管の病気

心臓 血管

身近な病気の知識
Home> 心臓・血管の病気

心臓・血管の病気

 心臓・血管の病気
 心不全不整脈心房粗細動とアダムス・ストークス症候群

 心臓の病気
 動脈管開存症大動脈縮窄症心房中隔欠損症、肺動脈狭窄症心室中隔欠損症ファロー氏四徴症心臓弁膜症心臓弁膜症の症状と生活上の注意心内膜炎急性細菌性心内膜炎と亜急性細菌性心内膜炎心膜炎=心嚢炎心筋炎、梅毒性心臓大動脈疾患肺性心心臓神経症心臓神経症の診断、治療と予防低血圧症

 血管の病気
 大動脈瘤大動脈縮窄症動脈瘤、脈なし病=大動脈弓症候群
 レーノー氏病、特発性脱疽(バーガー病)静脈瘤、静脈血栓症と血栓性静脈炎

 心臓・血管の働き

@ 心臓と血管は、いわゆるポンプとパイプであり、全身に血液を送るために重要な器官である。

A 心臓は、生まれる以前から死ぬまで一生を通じて働き続ける。

 このように、一刻の休みも許されない心臓では、故障が起こったり、あるいはささいな故障が重大な障害をもたらすのは当然であろう。

 どんな病気があるか
@ 心臓の故障
 生まれながらの故障(先天性心臓疾患)もあれば、細菌のため、直接、間接に心臓の筋肉や内膜がおかされ、心臓の弁膜などに障害ができることもある(心臓弁膜症など)。

 生まれつきの故障がひどいと、育たずに死亡する。軽い場合や、少年期にリウマチ熱をわずらって弁膜に故障ができた場合などでは、思春期以後中年にかけて、障害があらわれてくることが多い。
スポンサードリンク

A 高血圧と動脈硬化
 高血圧症でも最も多い、原因不明の本態性高血圧症をはじめ、その他の原因による高血圧症も、たいてい中年までに始まり、心臓肥大、動脈硬化を助長する。

 大切な臓器に栄養を起こる血管の硬化が進むと、たとえば脳の血管が硬化すると脳卒中、心臓に血液を送る冠状動脈が硬化すると狭心症や心筋梗塞、腎血管が硬化すると尿毒症など、重大な病気を引き起こす危険がある。

 どんな症状があらわれるか
 心臓・血管の病気といっても、種類は多く、症状は様々だが、一応共通にみられる代表的な症状は、動悸、息切れ、胸痛、むくみなどである。また、脈拍が不ぞろいになったりする。これらは、心不全、不整脈と呼ばれ、心臓のいろいろな病気に、結局あらわれてくる主要な症状なのでこれから詳しく述べていこう。


こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。


Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved