呼吸器 しゃっくり

けいれん 横隔膜

身近な病気の知識
Home呼吸器の病気> しゃっくり


★ しゃっくり
 どんな病気か
@ 横隔膜の間歇的(とまって、また、おきる)けいれんである。

A 原因は、空腹、胃炎、消化障害のこともあるが、さらに重い病気、たとえば、急性胃拡張、腹膜炎、脳炎、脳腫瘍、尿毒症などによる場合もある。

B しかし、大部分は原因不明、または食後に笑ったとか、急に深呼吸をしたとかのはずみに起こり、容易になおる。

 治療
@ ふつうの場合
 深呼吸の反覆や腹筋を緊張させてできるだけ長いあいだ呼吸を停止する。氷水を飲む。眼球の上を圧迫する。腹臥位(うつぶせ)の姿勢をとる。横隔膜神経を頚部で圧迫するなど、いろいろの方法がある。

A なお止まらない場合
 患部側の横隔膜神経を麻酔薬で麻痺させる。

B 原因が明らかな場合
 その治療、たとえば、急性胃拡張のときは胃洗浄などの治療を行なう。
スポンサードリンク



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved