呼吸器 呼吸

気管支 肺

身近な病気の知識
Home> 呼吸器の病気

呼吸器の病気
 呼吸器の病気
 呼吸器病の症状の特徴呼吸器病の診断と検査原因別に見たおもな呼吸器の病気

 気管支の病気
 急性気管炎・急性気管支炎慢性気管支炎気管支ぜんそくぜんそく発作の誘発因子と一般症状ぜんそくのタイプ別にみた症状気管支拡張症気管支拡張症の症状気管支拡張症の合併症と病気の経過

 肺の病気
 急性肺炎ウイルス肺炎肺気腫肺栓塞・肺硬塞肺水腫肺嚢胞肺線維症肺化膿症じん肺肺真菌症サルコイドージス=類肉腫症非定型抗酸菌症肺吸虫症

 肋膜炎・横隔膜・肋骨の病気
 肋膜炎=胸膜炎・膿胸自然気胸しゃっくり横隔膜ヘルニア、横隔膜下膿瘍、肋骨カリエス
 
 ★ 呼吸器の病気

 呼吸器のしくみ
 呼吸器は、人体の物質代謝に必要な酸素をとり、二酸化炭素(炭酸ガス)を排出する重要な呼吸機能をいとなんでいる。

@ 上気道
 気管にいたるまでの呼吸に関係する器官で、鼻腔、咽頭、後頭がある。

A せまい意味の呼吸器
 気管、気管支、肺をいう。

 気管が2本に分かれて、左右の肺に入る主気管支となる。

 主気管支はさらに2本ずつに分かれながら、小気管支、細気管支を経て終末の肺胞に達する。

 多数の肺胞の集合体が肺である。

 肺は左右に一つずつあり、さらに左肺は二つ、右肺は三つの肺葉に分かれる。

B 呼吸運動の補助または付属器官
 肋膜(胸膜)、肺門リンパ腺(節)、縦隔(肺の左右の肋膜腔の間にある)、横隔膜、肋骨、胸骨、胸郭の筋肉などがある。
スポンサードリンク

 呼吸器の種類
@ 気管支、肺、肋膜の主要な病気は「原因別に見たおもな呼吸器の病気」のとおりである。

A このほか、肺門リンパ腺の病気には結核・サルコイド−ジス・がん・じん肺・血液病などがある。

B 縦隔の病気には、感染による炎症、腫瘍などがある。

C 横隔膜の病気には、横隔膜ヘルニア・横隔膜弛緩症などがある。
  

こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved