食中毒 食あたり

胃腸障害 健康障害

身近な病気の知識
Home感染症 > 食中毒


 ★ 食中毒


 食中毒とは
 俗に食あたりといわれているもので飲食物のために、急性の胃腸障害を主とする、いろいろな健康障害をおこす病気のことをさす。

 食中毒の種類
@ 細菌性食中毒・感染型
 食品について繁殖した菌が、口から入って腸管をおかし、中毒をおこす型で、腸炎ビブリオ食中毒・サルモネラ食中毒・ウェルシュ菌食中毒・病原大腸菌食中毒などがある。

A 細菌性食中毒・毒素型
 食品中で細菌が繁殖するときに生成される毒素によって、中毒をおこす型で、ブドウ球菌食中毒・ボツリヌス菌食中毒・アレルギー様食中毒などがある。

B 自然毒による食中毒
 フグ、貝類、毒カマス、毒キノコ、ジャガイモの発芽部など、自然の動植物に含まれている毒素によって起こる食中毒である。
 
C 化学的物質による食中毒
 食品添加物、農薬、不許可添加物などの摂取によって起こる食中毒である。
スポンサードリンク



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。


Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved