ニコチン酸欠乏症 ペラグラ

ニコチン酸 ナイアシン

身近な病気の知識
Homeホルモン・栄養代謝障害 > ニコチン酸欠乏症


 ★ ニコチン酸欠乏症

 どんな病気か
@ ペラグラ
 ニコチン酸(ナイアシンともいう)は、体内で酵素の成分として、糖質、たんぱく質、脂肪の代謝に大切な働きをしている。これが欠乏するとペラグラという病気になる。

A ペラグラは、トウモロコシを主食とする民族にみられる。

B わが国では、偏食者ことに大酒家で、栄養になる食品をほとんど取らないような特殊な人にみられる。

 症状・経過
@ 皮膚症状
 手足、くび、顔など日光にさらされる皮膚面に紅斑を生じ、のちには黒褐色の汚い皮膚炎となる。舌も黄紅色となり、軽い疼痛をともなう。

A 消化器症状
 食欲不振、嘔吐、下痢、胃痛などが起こる。

B
 精神症状
 進行すると無気力、めまい、頭痛、脱力、精神集中力減退、抑うつ状態、精神分裂のようになる。貧血をともなう。
 
スポンサードリンク
 治療・予防

@ 薬剤
 ニコチン酸またはニコチン酸アミドを投与すれば、間もなく全快する。B1、B2、B6などのビタミン剤も同時に与えるとよい。

A 食生活の改善
 たんぱく質ことに肉、卵、牛乳などをじゅうぶんに与えるようにして、偏食をさける。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。


Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved