歯肉増殖症 しにくぞうしょくしょう

先天性歯肉増殖症 ダイランチン歯肉増殖症

身近な病気の知識
Home歯・口腔の病気>歯肉増殖症


 ★ 歯肉増殖症(しにくぞうしょくしょう)

 歯ぐきがかたくふくれる病気である。次の2種類がある。

 先天性歯肉増殖症
@ 長年かかってゆっくり歯ぐきがかたくふくれてくる。ひどい場合は歯がかくれるほどになり、食物がかめなくなる。しかし、痛みはない。

A 親子兄弟姉妹の、何人にもあらわれることがある。原因は、遺伝によるものと考えられている。

B 手術して取っても再びふくれてくるが、あまりひどくならないうちに取る以外ない。

 ダイランチン歯肉増殖症
@ てんかんの発作をしずめるダイランチンやアレビチンなどの薬を飲み続けると、歯ぐきがかたくふくれてくる。とくに10〜19歳のあいだに多い。

A 原因は薬の中毒によるものと考えられている。

B 処置は手術して取る以外ない。しかし、薬を飲み続ける限り再発生するから、薬をやめるか別の薬に変えるかしなければならない。
スポンサードリンク

 口腔の清掃をよくしていればふくれが出ても軽くてすむ。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved