血液の病気 子どもの貧血

血液 貧血

身近な病気の知識
Home子どもの病気 > 子どもの貧血


 ★ 子どもの貧血

 子どもの貧血の特徴
@ 血液の血色素量や赤血球数が少ない状態を貧血というが、子どもでは赤血球数が350万以下、血色素10c以下のものである。

 健康者の血色素量は、乳幼児12c、学童13cくらいである。

A 大量に出血して急に血液が減ったようなときは、すぐ症状があらわれるが、子どもの貧血はゆっくり進むものが多く、またうったえも少ないのでなかなかわかりにくい。

B 両親が子どもを見て貧血しているのではないかと心配するときは、すでに病気が進んでいることが多い。血色素は正常の3分の2以下になっている。

 正常より2〜3割足りない程度では外見的には家族にも医師にも分からない。

 正常より1〜2割くらい少ない程度の貧血は、日常の生活にはさしつかえないが、体力、持久力が劣る原因となるので、生活指導に注意を要する。栄養に注意しておればなおることが多い。

C 心配があったら血液検査をして、貧血があるかないかを確かめる。乳児はかかと、大きい子では耳たぶから数滴の血液をとるか、静脈から少量の血液をとって調べる。
 
 原因

 貧血は子どもの血液の病気の中でもっとも多いが、じつは貧血は病名ではなく、必ず原因となる病気がある。

@ 乳幼児期
スポンサードリンク
 鉄分不足によるものと細菌感染による貧血が多い。

 鉄欠乏性貧血
 生まれたとき母体からもらった鉄分は生後4〜5ヶ月で使い果たされるので、補給しないと血色素が作れなくなる。離乳が遅れたり、未熟児(母体からもらう鉄分が少ない)の場合にかかりやすい。離乳期から2歳ごろまでにもっとも多い。
 
 細菌感染による貧血
 敗血症・骨髄炎・重い肺炎・ひろい皮下膿瘍・上気道炎・中耳炎・皮膚の化膿などがあると骨髄の造血が抑えられる。

A 幼児期
 栄養不足と感染による貧血が主になるが、さほど重くないことが多い。地方によって寄生虫による貧血が幼児、学童にみられる。この時期の重い貧血は白血病・再生不良性貧血・悪性腫瘍にともなうものが多い。

B 学童期

 比較的安定した時期で、貧血はリウマチ熱・腎炎・肝腎疾患などに合併することが多い。
 
 ★ 貧血の症状・治療

 症状

@ 乳幼児期
 自覚症状を自分で言えないので、外見や態度を見て判断すほかない。顔色やくちびる、眼瞼結膜が青白くなるのは、貧血がかなり進んでからである。貧血があると不機嫌でいら立ちやすくなる。食欲不振になり好き嫌いが激しくなる。寒がりになって外で元気に遊ばなくなる。歩かせたり遊ばせたりすると疲れやすい。体重の増加も遅れがちになる。

 むくみがあって体重減少が目立たないこともある。未熟児では体重が増加すると貧血の進行が早い。

A 学童期
 頭痛、めまい、駆け足のような運動時の息切れ、脈拍が多くなる。階段を登るとき苦しい、寒がりなど。

B 慢性の貧血
 しばしば微熱をともない、結核と間違われる。

 治療

@ 鉄分欠乏性貧血
 鉄分を与えると有効なときは血色素が増え始める。かなりひどい貧血でも、4〜6週の服薬で、血色素が正常化し、元気になるのがふつうである。血色素量が正常になってからあと4週くらい服薬を続ける。2〜3週使っても反応がないものは、鉄欠乏性貧血の形をとっていても、胃腸管からの出血、寄生虫、感染症などが原因であるから、もとの病気の治療が先決である。そのほかタンパク質やビタミンをじゅうぶんに与える。

 鉄剤は特有の渋みがありそのままでは飲みにくいので、乳幼児にはシロップ剤を与える。これは胃腸を害することがあるので、食直後か果汁と一緒に飲ませる。
スポンサードリンク

 青菜類、大豆および大豆製品(豆腐、納豆など)、肝臓、黄卵などは鉄の良い補給源である。
 未熟児では生まれてから6〜8週後から鉄剤を与える。量は医師の指示を受ける。

A 乳児の巨赤芽球性貧血

 葉酸、ビタミンCの欠乏でおこるものであるから、それを与える。まれな病気である。

B 先天性溶血性貧血
 3歳以後手術で脾臓をとる。

C 血液型不適合による溶血性貧血
 交換輸血を行なう。

D 再生不良性貧血
 確実に効く薬はない。輸血、ステロイドホルモン、男性ホルモン、ビタミンB12などが試みられ、ときに有効のことがある。

E 肝腎疾患や感染による貧血
 もとの病気の治療が第一である。造血剤はあまりきかない。
  



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved