呼吸器の病気 乳幼児肺炎

肺炎 気管支炎

身近な病気の知識
Home子どもの病気 > 乳幼児肺炎


 ★ 乳幼児肺炎

 乳幼児肺炎とは
 子どもの肺炎は、全身的反応が多様のためいろいろな症状をしめし、種類は非常に多い。一般的にみて小児では成人に比較するとクループ性肺炎(大葉性肺炎)は少なく、気管支肺炎が多いことと、さらに小さい乳幼児ではウイルス性肺炎が多くみられる。

 気管支肺炎
@ 原因
 肺炎球菌によるものが今まで多く見られたが、最近では連鎖状球菌、インフルエンザ菌、肺炎桿菌などによるものが多くみられる。また感冒、麻疹、インフルエンザなどの流行に続いて多発する傾向があり、ウイルス感染との関連も問題となる。

A 冬から春に多発する
 繰り返して罹患することもある。

B 鼻翼呼吸がみられる
 上気道感染が先行し、そのあと急激に発熱、呼吸困難におちいるか、せきがしだいに強くなってから呼吸困難があらわれてくる。顔つきがすぐれず蒼白となる。熱のためにほおは赤くなることもあるが、口や鼻の周囲は白く、不機嫌でミルクも飲まず、不安げに、また苦しそうに泣き、呼吸は促進し、鼻翼呼吸がみられ、吸気時にうめくようになる。

 熱型は不規則となり、まれに稽留する場合もある。虚弱児は重症にもかかわらず高熱を見せないことがあるから注意を要する。
 
スポンサードリンク
 せきははじめ乾性、しだいに湿性となるが、かなりひどく安静がさまたげられ、また嘔吐を誘発する。

 たんの喀出が困難で苦しむこともあり、脈拍頻数となり、チアノーゼをしめすにいたる。

 治療・看護
@ 安静療法
 保温が大切で室温は18度前後がよく、換気にも注意する。氷まくらも使用する方がよい。食事は年齢に応じ、消化しやすい高カロリーのものを与える。また脱水症状も強くなるので水分を補給する。

A 対症療法
 呼吸困難に対しては酸素吸入を行なう。分泌物が多いときには吸引することも必要。また上半身をやや高く保つようにする。1%重曹水を用いて蒸気吸入を行なうのもよい。胸痛の激しいときは胸部湿布の有効なことがある。重症のばあい、また免疫のできにくい乳児のばあいには、免疫補給のための注射をするとよい。

B 薬物療法
 抗生物質が第一である。

 ブドウ球菌性肺炎

@ 抗生物質耐性菌による肺炎
 新生児または幼若な乳児においては、病院内で多く見られる抗生物質耐性のブドウ球菌による肺炎が、大きな問題となるほど増加しているので、注意が必要。

A 死亡率が高い

 症状は気管支肺炎とだいたい同じであるが、嘔吐・下痢が多い。重い場合にはショック症状を起こして1〜2日で死亡することがある。耐性菌であるため治療に抵抗して予後がよくない。

 ウイルス性肺炎

 間質性肺臓炎と原発性異型肺炎とに二大別されるが、原因には多くのウイルスが関係している。

@ 間質性肺臓炎
 冬から早春にかけて多いが、大きな流行をみることは少ない。年齢的には2歳以下、とくに6カ月未満に多くみられる。
スポンサードリンク

A 原発性異型肺炎
 季節的な差はない。4〜5歳から学童期に多い。再感染もみられる。予後は悪くない。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved