子どもの病気 原因

子どもの病気 遺伝

子どもの病気の原因
Home子どもの病気 > 子どもの病気の原因

@ 遺伝性の病気
 従来、遺伝的な欠陥のある人は、胎児のときや出生後間もなく死亡する場合が多かった。最近では、医療の進歩や衛生条件の向上によって死亡する例は少なくなり、さらに成長して結婚も可能になった。

 将来は、遺伝病をもつ子どもがますます多くなるものと想像される。

 遺伝病とはいえないが、生まれつきの体質や素因が原因となって起こる病気(アレルギーなど)が増える傾向も見逃せない。

 受精のときに、なんらかの欠陥によって染色体に異常をもってしまい、それぞれの特徴をもつ子どもが少なくない。ダウン症候群などはその好例である。

A 子どもに多い奇形
 奇形の原因としては、遺伝によるもの、染色体異常によるもの、妊娠中の母体の感染・薬物・栄養の欠陥・体内環境が悪かった場合などがあげられる。
 
B 出生周辺期の故障
 頭蓋内出血・仮死・肺の膨張不全・溶血性の病気などのほか、新生児はもともと細菌に対する抵抗力が弱いので、へその脱落傷から感染を受けやすい。また、肺炎にかかりやすいことも、新生児にみられる特徴である。
 
スポンサードリンク
C 出生後の病気
 一生のうちで、もっともめざましい発育をとげる乳児期では、栄養や生活環境の影響を受けやすく、栄養障害を起こしやすい。また発育途上にある個体は、きわめて傷つきやすい傾向があるので、脳炎・髄膜炎などの罹患率は成人に比べるとはるかに高い。

 小児のがんの多くは、5歳以下の乳幼児にみられる。これは先天的に発生原因があるためと考えられる。

 脳出血や動脈硬化症などのような、いわゆる成人病にかかる子どもはほとんどいない。
 

スポンサードリンク




こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved