子どもの病気 指しゃぶり

愛情不足 溺愛

身近な病気の知識
Home子どもの病気 > 指しゃぶり


 ★ 指しゃぶり

 どんな病気か

 感情的成熟の遅滞児や内向的小児に多い。

 親の愛情不足祖母の溺愛、弟妹の誕生、哺乳法が原因となる。

 症状

 眠ろうとするときや、空腹時に親指を吸う。この習慣は1年を過ぎるころまでに消失するが、ときにはこれが長く続く。

 治療・家庭での注意

 2,3歳の幼児では治療を必要としないが、興味をひくような玩具を与えたり、戸外で遊ばせたりして他に関心を向ける。

 罪悪感や恥辱感をいだかせてはいけない。
スポンサードリンク
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved