子どもの病気 病気の原因

アレルギー 体質と病気

身近な病気の知識
Home> 子どもの病気

子どもの病気
  子どもの病気
 子どもの病気の原因体質と病気病気のなおし方

★ 子どもの病気の症状の特徴

★ 未熟児・過熟児 / 呼吸障害症候群、核黄だん寒冷障害、後水晶体線維形成症、未熟児貧血

★ 子どもの神経症 / 指しゃぶり息止め発作・憤怒けいれん、夜驚症夜尿症、チック症

★ 脳神経の病気 / 髄膜炎脳炎脳性小児麻痺精神運動発達遅延および精神薄弱フェニルケトン尿症ダウン症候群=蒙古症子どもの脳腫瘍多発性神経炎・ギランバレー症候群その他の脳神経の病気

 骨・関節・筋肉の病気 / 先天性筋性斜頚先天性股関節脱臼ペルテス氏病X脚O脚内反足、外反足尖足、鈎足、扁平足

★ 皮膚の病気 / 乳児湿疹小児ストロフルス、化膿性汗腺炎赤あざ(血管腫)、はたけ

★ 呼吸器の病気 / 気管支炎乳幼児肺炎膿胸小児気管支ぜんそく
スポンサードリンク

★ 消化器の病気 / 乳児下痢症急性消化不良症消化不良性中毒症周期性嘔吐症=アセトン血性嘔吐症乳幼児の便秘症幽門けいれん症腸重積症小児の鼠径ヘルニア小児の虫垂炎
 
★ 泌尿器の病気 / 小児の腎臓病慢性(糸球体)腎炎ネフローゼ(症候群)腎盂腎炎

★ 栄養代謝障害 / 小児の栄養失調症小児のやせ・肥満小児のビタミン不足による病気

★ 血液の病気 / 子どもの貧血子どもの白血病子どもの出血性疾患

★ 体質性の病気 / 起立性調節障害紫斑病リウマチ熱

★ 小児の伝染病 / ジフテリア咽頭ジフテリア・喉頭ジフテリア・鼻ジフテリアしょうこう熱疫痢ポリオ=脊髄性小児麻痺百日ぜき幼児性先天梅毒おたふくかぜ=流行性耳下腺炎水ぼうそう=水痘はしか=麻疹三日はしか=風疹突発性発疹症

★ 小児のかぜ

 ★ 病気の現況


@ 感染症の減少と交通事故の増加
 従来、わが国の乳幼児の死因の首位を占めていた、肺炎・消化不良症・赤痢・疫痢などの感染症は大きく後退し、近年ではこれに変わって、交通事故をはじめとする不慮の事故が増えてきている。

 公衆衛生状態の改善、生活の向上、保健指導の普及、治療薬の進歩などによって感染症が減少したのに対して、人口の都市集中化などが交通事故の増加をまねく原因となったものであろう。

A 増えてきた病気

 近年の医学の発達にもかかわらず、むしろ増加の傾向さえあらわれているいくつかの病気がある。先天性奇形・体質およびアレルギー性疾患・がん・血液病などの多くがそれである。また、急性病は減ったが、心臓病・腎臓病・リウマチ熱などの慢性病にかかる子どもが増えてきている。

B 精神身体病の問題
 生活の都市化や家族制度の変化にともなって、1世帯当たりの子どもの数は減ってきている。この結果として、子どもに対するおとなの過保護や溺愛が子どもの心身の働きのバランスを失わせて、いろいろな精神身体病がみられるようになった。

 精神薄弱・肢体不自由児・盲聾?児のほか、保護を必要とする子どもらに対する社会的な保護や指導は、現在なお、満足できる状態ではなく、今後の積極的な対策が望まれている。
 
スポンサードリンク


 




こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  身近な病気の知識 All Rights Reserved